痛ませない為のドライヤー

髪の毛が傷む原因とは? ドライヤー編

シャンプーした後の

髪の毛が濡れてる時

実は この時が 一番

ダメージしやすい時なんだ!

シャンプーの時に 優しく

デリカシーを持ってって書いてるが

髪の毛というのは

濡れてる状態が弱点と言ってもいい。

よくドライヤーで乾かすと 熱でヘアダメージするので

自然乾燥した方が良い! なんて考えてる人がいるけど

それは 全くの デマ! だからね。。

 確実に 自然乾燥なんかしない方がいいし

そんで 乾かないで 寝たりなんかすると

とんでもなく 髪が傷んだりするからね!

頭皮なんかも雑菌が増えやすくなり

匂いの原因になったりとかもあり得るんで

とりあえず ちゃんとドライヤーで乾かそうね!

 んで 乾かす時に 気をつけないといけないのが・・・

髪の毛が濡れてる時に

ブラッシングは絶対NG! 

もし シャンプーしてトリートメントしても

もつれている時などは

まず 手ぐしで優しく梳かして

その後 粗めのコームとかで

絶対に引っ張らないように

優しく 優しく コーミング!

 引っかからないように 注意!

濡れた髪はちょっとしたことで

ダメージを受けやすくなっているため、

細かい目のブラシなんかでブラッシングなんか

髪を引っぱったり擦ったりと 最悪なのでしてはいけない!

 そして

 できるだけ 素早く 乾かすのが肝要!

 これには ドライヤーの前に

しっかりと タオルドライすることも必要、、、

このタオルドライでも ゴシゴシとか

ガシガシなんぞ やってはいけないよ!

とりあえず ふんわり 優しく〜

中間〜毛先なんぞは タオルで優しく包み

トントン叩いて水気を取るとか・・・

そして ドライヤーで乾かして行くんだが

ドライヤーは出来るだけ

風量の多いモノが オススメ!

マイナスイオンとかは

そんなにこだわらないでいいが

もし電気屋さんで 試せるなら

できるだけ ワット数(1200Wとか書いてるから)が多くて

風量の強い ヘアドライヤーの方が良い!

なぜなら?

 乾くのが 早いから(笑)

 そして 出来るだけ

◎ドライヤーの風は

 根元から毛先に向かうようにかける

◎ブラシの使用は避けて 手ぐしでかける

◎引っ張らない もつれさせない

◎同じ箇所に 長時間ドライヤーをしない

◎あまり近づきすぎて 高温であてない

ここらへんに注意して ドライヤーで乾かしてね!

小平市美容室 glam&up(グランプ)美髪のためのヘアケア

Hair care とにかく髪をきれいにしたい 何をやっても傷みが治らない 美髪を目指す方へのお手伝いが少しでもできれば

0コメント

  • 1000 / 1000