ダメージさせないためには

ダメージヘアーの対処法

パーマ、ストレートパーマ(縮毛矯正)、ヘアカラー

美容院で行う パーマや縮毛矯正などについてなら

最近は美容師さんの研究もすすみ 極力ダメージを少なく

施術してくれるように工夫をしている所もあります。

ただ 当店はダメージレスのパーマだとか

ダメージ修復トリートメント、髪質改善など

いかにも 髪の毛を傷めないで出来ます!

などと 宣伝しているサロンには注意することです。

これらは 基本 嘘デタラメですから(笑)

 また ヘアカラーなど最近はホームカラーと言われる

家庭でセルフカラーができる商品も出回っていますが

これらは どうしても毎回毛先まで全体に染めるため

髪の毛の傷みを気にするなら辞めておいたほうがいいです。

 家庭でのホームケアの注意点

少し前に 髪の毛は濡れるだけで傷みます!

な〜んて TVのCMでもありましたが

ある意味 これは真実です。

 毎日のシャンプーの仕方や 乾かし方

スタイリング方法など 常に髪の毛は

ダメージしていきます。

正しいヘアケア方法を知り

デリカシーを持って髪を扱うことで

ヘアダメージは かなり変わっていきます。

 ヘアダメージで最も大切なのは 髪の水分

髪の毛はいくらドライヤーで乾かしても

高温のアイロンを何度かけても

柔軟性の富み 決してミイラのようにはなりませんよね。

けっして 乾燥しすぎて ポキって折れちゃったなど

美容師していても みたコトはありません。。。

 これは 髪の毛に含まれている 結合水 のおかげ、、、

 髪の毛には 自由に出入りできる 自由水と

よほどのコトが無いかぎり 髪の毛に内部に

存在する 結合水 があります

 ダメージした髪の毛が パサつくのも

ゴワゴワに感じたり 乾いてボワーと広がるのも

この 結合水が 大きく関係してきます。

ヘアダメージで一番大切なのは

髪の毛の結合水を減少させない!

っていうコトになるのです。

結合水を流出させないには キューティクルが重要!

髪の毛がダメージしていくとは

結合水が 減少していくこと!

髪の毛でいうと 髪の内部のタンパク質が減少していく

実は このタンパク質を繋ぎ止めてるのも結合水!

ま 厳密にいうと 結合水を多く含む間充物質です。

 これらの間充物質(結合水)やタンパク質を出にくくするには

表面のキューティクルは重要になってくるのです。

キューティクルをコーティングする

水分調整が上手くいかなくなる

自由水が結合水に悪さをして ふやかす

キューティクルが損傷する

 こんな感じで キューティクルは痛んでいくのではないか?

 んじゃ 結局のとこ

 毛髪を損傷させてるのは

コーティング(皮膜)じゃないの!

真実のヘアケア すっぴん髪

今までの ヘアケア論では

髪の毛の内部にタンパク質を補う

表面のキューティクルを

コーティングして補修する。

そう いろんなモノを足して

髪の毛のダメージを修復しようとしていました

 “真実のヘアケア すっぴん髪”

今までの ヘアケア論では

髪の毛の内部にタンパク質を補う

表面のキューティクルを

コーティングして補修する。

そう いろんなモノを足して

髪の毛のダメージを修復しようとしていました。

そう 今までのは すべて

足し算のヘアケア

たとえば・・・

爪にマニキュア塗りぱなしで 何日もおいておくと

爪はボコボコに傷みませんか?(コーティング)

あるいは

洗顔しても2週間絶対に取れない

ファンデーションがあったとして

そいつを使用したら 肌はどうなると思います?

髪の毛の傷み・・・

ヘアダメージによかれと思って

沢山 使ってる ヘアケア剤が

もしかして よりダメージを

加速させてるのかも知れんませんよ?

 現場で毎日沢山のお客さんの

髪の毛を見ている理美容師さんが

思い当たる フシがあったのです・・・

髪のダメージを気遣う人ほど 傷んでる現実

なぜか 髪のダメージが 治っちゃう人

摩訶不思議な現実・・・

 もしかして

髪の毛の傷みを直そうとか

今よりは ツヤツヤ、サラサラの

綺麗な髪の毛にしよう!

なんて 思ってた

足し算のヘアケアは

間違いだったのかも知れない。

 そこで 生まれたきたのが

 引き算のヘアケア

すっぴん髪(素髪)理論なのです♩

長かったと思いますがチャンと読んでいただけましたか?

びっくりすることが結構書いてあると思いますが。

間違えてはいないので、気になる方は

もっと色々見てみてくださいね。

小平市美容室 glam&up(グランプ)美髪のためのヘアケア

Hair care とにかく髪をきれいにしたい 何をやっても傷みが治らない 美髪を目指す方へのお手伝いが少しでもできれば

0コメント

  • 1000 / 1000