髪の痛みは治らない!

髪の毛の中は タンパク質で出来ています。。

んで 表面はキューティクルという

これまた硬いケラチンたんぱく質で

覆われて 保護されているんだ。

 例えていうなら 海苔巻き

かんぴょうやご飯粒が 髪の内部のタンパク質

表面の海苔の部分が キューティクルね♩

健康な髪の毛なら ご飯粒もしっかり詰まっていて

ハリがある 海苔の部分も しっかりしてるのでツヤもある。

 んで ダメージヘアーは どんな感じかというと

ご飯粒が 抜け出して

少なくなり カスカス

海苔の部分も 剥がれたり

ささくれだって バサバサ

髪の内部のタンパク質が少なくなり

キューティクルも損傷して

手触りも悪いし ツヤも無い

ま ダメージヘアーを想像すると こんな感じだね。

ダメージヘアーになる原因

ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などによるダメージ

ヘアカラーはアルカリ性の薬剤でキューティクルを開き、

髪の内部の色素を脱色しながら同時に染色します。

 パーマや縮毛矯正は1剤で髪内部にある

「シスチン結合」を切断し、ロッド等や

ストレートアイロンで形をつけて

2剤で再結合させる方法で形状変化させます。

 共に髪の内部に薬品反応をさせて、

髪を傷める行為であることは間違いありません。

毎日のなにげない扱いでもダメージしていきます

毎日使うドライヤーやコテなどの熱

シャンプーやトリートメントの使い方、

洗髪後のタオルドライ仕方など・・・

日々当たり前のように行っていることにも、

ダメージの原因がいっぱいあります。

 また、エアコンによる乾燥や

外出時の紫外線など影響してきます。

 ヘアダメージは治らない

髪が伸びるスピードは、1日で約0.3~0.5mm。

1ヵ月で約1cm、1年で約10~15cm。

たとえば 30cmの長さの髪の毛先部分は

約3年前に生えてきたものになります。

3年間のヘアダメージの蓄積ということになるんです。

 髪の毛は 死滅細胞で出来ているので

一度傷んだら 修復も再生もしない!

 どんな最新のヘアトリートメントでも

美容室で行う サロントリートメントでも

ヘアダメージを治すことは不可能なのです。

なのでみなさんホームケアが大事なんですよ!!

小平市美容室 glam&up(グランプ)美髪のためのヘアケア

Hair care とにかく髪をきれいにしたい 何をやっても傷みが治らない 美髪を目指す方へのお手伝いが少しでもできれば

0コメント

  • 1000 / 1000